忍者ブログ

broom/bloom.

「False Island」PC、エニシダに関する諸々の雑記。
A A A
HOME
2019
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : 屍貴族 ×
   △ 


どうしようも(ry で皆とさめざめと夜通し喋っていると
(ほぼ徹夜だよ。平日に。君は実に馬鹿だなぁ)
自分はまだ比較的軽いと思っていたショックは
休止期間で風化して意識から偽島が飛んでいただけであって
すこしづつすこしづつ思い出してみると
曖昧な虚無感の穴から悔しさや、寂しさがいっせいに芽吹いて……



特に自分は休止ちょっと前辺りから日記やメッセ等がgdgdになってて
83回からシャキッと立て直そうとしていたところなので
だらしない終わり方をしてしまったのが口惜しいし、残念です。
もう、挽回する機会は無いんだ。無いんだよ……
“エニシダの立っていた偽島”という舞台は喪われてしまった。

偽島という舞台があってこその物語でした。
途切れたストーリーを補完しようにも
エピローグを書こうにも
本編がどういう結末だったのか
宝玉やマナがどうだったのか
NPC達がどうだったのか
それらはこちらで勝手にどうこうすることはできない代物で

(勝手に解釈しちゃうならそれはただの私小説書いてるのと変わらない
 それは何か違うと思うのです。それぐらいなら書かないほうがいい。)

なので、今はどうすることも出来ません。
ウチの行く末とか気にしてもらってすっごいありがたい話ではあったけれど。
「髭乳ってどうなるんですかねー」
って俺も知りたいわ!!11!1!!(……)
この呼称は自分では使わなかったなそういや。


絵素材ももうちょいどうにか……
アイコンとか足りてないのに足してないし
登場演出差し替えたかったなー
gdgd言ってないで出来る頃にやってしまえばよかったんだよ。
もう無理だけれどね。
馬鹿だね。後悔役立たずだよ、全く。愚図め。

PTBBSや、83回の登録内容。
過去に、もはや前へと歩むことのない思い出になってしまったそれらに
触れるとまだほんのり温かい。
けれどそれもやがて冷たく硬くなってしまうのだ。
その温もりが、愛しくてかなしい。
まだ、思い出という墓に埋葬するには早すぎる。

もうTCの面々は
「くそぅ、負けねーぞー!!」
と毎度密かに思うけども
「くそぅ、勝てねーーー!! 無理ーーー!!!!」
とかそんなんばっかでした(…)
おかしな集団でした、ホント。

ちょっと二番隊に絞ると
アルクさん、ケイロンさんと組んだのは偽島がはじめてだったんですが
すっごい楽しかった。ありがとう。
ホントはこんな言葉じゃ上手く表せないぐらい感謝してるんだけど
ボキャブラリーが貧困だから書き出せやしないテイタラク

馬鹿じゃねーの!? ってぐらいボリュームの書き込み合戦とか
毎更新毎更新すごい熱量だった。
ああ、定期更新型が、偽島が好きなんだなって。
こういう世界もあったんだ……って。

それも偽島というすごい熱量を持った舞台だったからだろう。
17のチャットも更新後とかすっごい賑やかだった。
休止になって、難民状態になって
なんとなく手を出したDCに皆で意外とハマったりしてたけど
やっぱり偽島の空いた穴はどこか虚しかった。
再開するんだと待ってたから待ててたけれど
再会することは叶わなかった。
当面は共通の話題にも乏しいので寂れ気味になってしまうかもしれない。
寂しいことだ。

しかしこんなにイベントがたくさんあるゲームははじめてだった。
たぶん他にあるとしたら次の栗鼠ゲぐらい?

まるで追いきれない程のブログ
それをフォローする捕捉人の方々。
まさかのネットラジオ。

一月に一個どころか複数のイベントで全部には参加出来なくて歯噛みしたり
自分の遅筆さや雑さや下手さ加減を呪ったり。
偽島に参加したおかげでごりごり描いて下っ手クソな絵も少しはマシになりました。
いや、今もぜんぜん下手クソで描いてる価値無ぇーよクソだよ
破いて、しんでしまえ手前とは度々思うんだけどさ(……)

それでも、自分のキャラは自分で表現するしかないから。
だから自分のキャラは自分で描くんだ。
いや、エニシダは俺より鷹山さんのが明らかに描いてるけどね?(…)
そこはそれだよ、うん。

オフ会もすごい頻繁に行われて、近場のはけっこう参加させてもらって
定期更新型でこういう楽しみかたもあるんだなぁ、と
ここ最近は参加しそこねてて、それがこういう形になっちゃったのは
後悔しきりなんですけども……。

今となってはなんだかこれらが当然みたいな、空気みたいな環境だけど
すっごい革新的だったんだよね。
栗鼠ゲ厨とか罵られてもべつにいい。
胸を張って「こんなに楽しかったんだぜ!!」と言えるから。
これはこの偽島という場を共有しなければ決して伝わらない熱だ。
狂熱だったと言ってもいい。
今は過去形になってしまうのはやはりかなしいけれど。

なんかこれ、後で見たらきっとしにたくなるんだろうな(…)
支離滅裂でごめんなさい。
胸の内をまとめて吐き出しておきたかった。
ありがとうって、思ってることを文字にしておきたかった。
だから後でこれを見て、しにそうになっても消さない。

キャラとして関わってくれて
PLとして関わってくれて
描いてくれて
描かせてくれて
結果を見てくれて
色んな素敵な宝物を見せてくれて

ありがとう。
今は、幕引きだ。

おつかれさまでした!


-----------------------------------

なーんか変に締めの言葉みたいなの書いてるけども
こういうはずかしい駄文を置いておいて
とっとと次の記事書けよ自分? という自虐的な策でもあります。
こんなのずっとブログトップにあったら恥ゲージが破裂してしぬわ、マジで(……)
書き殴るだけ殴って読み返しもしてねぇぜ!!
最低だ

とりあえずこのブログは当面残しておきます。
たぶん事故とか、Ninja自体がどうこうでない限り消さないかと。


PR

 author : 屍貴族 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK URL
"屍貴族" wrote all articles.
http://genista.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME